ホットヨガスタジオLAVAをなぜやめたの?ややこしい解約、休会、退会、コース変更、クーリングオフを分かりやすく解説!

子育て中の方は、お子さんがお休みに入ると通いにくくなってしまいますよね。

入会しても通えない時期がったり、長期出張などの予定が入っている方など、事情により通えない時期があると入会を迷ってしまいます。

退会休会の制度を利用して無理なく通える方法はある?

そのためにも、LAVAのややこしい解約、休会、退会、コース変更、クーリングオフを分かっていると便利!

では、早速詳しく見て行きましう♬

はじめにLAVAの公式ホームページを見たい方はこちらから⇓

➡︎LAVA公式サイトへ

 



 

LAVAの退会と休会の違い

 

LAVAは永久会員制で、そもそも退会という制度が存在せずマンスリー会員の解約になります。

解約はネットや電話ですることができません

翌月に退会(解約)したい場合は、当月の15日までに店舗で手続きをしなければなりません。

解約後も当日券を利用してレッスンに参加することができますよ。

当日券の料金は、
2,870円(税込3,100円)~3,241円(税込3,500円)です。

 

四つ葉
それでは、解約と休会の違いについて詳しく説明します!

 

LAVAの休会制度について

 

★休会は、毎月事務手数料2,100円がかかります。

休会の場合も15日までに休会手続きする必要があります。

 

LAVAの解約について

 

LAVAは永久会員制で、退会という制度がなくマンスリー会員の解約になります。

★解約は、毎月の事務手数料はかかりませんが、マンスリーメンバーに再登録(再入会)する際に再登録料の5000円がかかります。

なので、3カ月以上通えない場合は、解約する方がオススメです。

そうなると、夏休みなどの大型のお休みになると休会の方が良いのですが、キャンペーンなど行っている期間に復帰できる場合は、解約の方が安くなります。

LAVAには、再契約(再入会)キャンペーンがあり、登録手数料が無料になるからです。

お休みをして復帰しようか考えている時期にキャンペーンがあるかも確認して下さいね。

再契約の際、LAVAは永久会員制のため、入会金は不要です。

登録料の5,000円のみがかかります。

LAVAの特徴を『公式サイト』で確認する

 

LAVAの入会にはキャンペーンを利用してお得にホットヨガを始めよう!

 

LAVAでは、年に数回お得なキャンペーンを実施しています。

前回のキャンペーンでは、3ヶ月特別価格の税込3,100円/月に始めれましたよ。
キャンペーン価格は毎回同じことが多いです

当日券が3,100円〜 3,500円なので、1回でも通うことができれば元が取れますね。

お子さんの長期休み中でも、キャンペーンを利用すると、あまり通えなくてもお得にホットヨガ をスタートさせることができますよ。

LAVA公式サイトへ

 

LAVAにクーリングオフは適用される?

 

LAVAの勧誘やその場の雰囲気で断りきれなくて契約してしまったり、続けていく内に頭痛や吐き気の症状が出てしまったり、契約後に辞めくなる場合もありますよね。

結論から言うと、LAVAではクーリングオフが適用されません。
それでは詳しく説明しますね。

 

クーリングオフとは?

クーリングオフ英語: cooling-off period)とは、一定の契約に限り、一定期間、説明不要で無条件で申込みの撤回または契約を解除できる法制度である。ただし、申込者が商人または契約が開業準備行為であるものに対しては、適用されない。

法律の条文そのものには「クーリングオフ」という表現は無く、上記のような内容を法文で表現している。

消費者が自宅などに不意の訪問を受けて勧誘されるなど、自らの意思がはっきりしないままに契約の申し込みをしてしまうことがあるため、消費者が頭を冷やし再考する機会を与えるために導入された制度。一定の期間内であれば違約金などの請求・説明要求を受けることなく、一方的な意思表示のみで申し込みの撤回や契約の解除ができる。投資信託など元本割れリスクのある金融商品は保険などを除いて対象外の場合が多い。変額年金は対象外とされてきたが、購入後8日間解約手数料なしで解約できる商品が多い。(日数は販売方法等によるが、基本的には文面交付日を含め8日がほとんど、例外で10日、14日、20日などとなっている。)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

LAVA体験レッスン申し込みへ

 

 

私の友達が学生の時に、お布団の押し売りに合いましたが、後日クーリングオフができ無事返品できたことがありました。

クーリングオフは、訪問販売などが対象になっています。
エステサロンは対象のサービスに当たります。

エステサロン以外にクーリングオフが適用されるサービスとしては、
・パソコン教室
・英会話
・学習塾
などが挙げられますが、ホットヨガ教室は対象外になっています。

LAVA公式サイトへ

 

ホットヨガスタジオLAVAの会員コース変更の注意点

 

LAVAではコース変更や解約などの事務手続きは、前月の15日までに手続きをすれば翌月からその変更が適用されます。
9月からコースの変更をしたい場合には、8月15日までに手続きを済ませて下さいね。

※15日が定休日の店舗は、14日までに手続きしなけらばならないので、注意が必要です。

水素水オプションマンスリーなどの解約も、前月の15日までにすれば翌月から適用されます。

また、コース変更には事務手数料(1,100円)がかかります。(1,100円)

※マンスリーメンバーフリーから他のコース変更する場合や、他のコースからマンスリーメンバーフリーに変更をする場合には手数料がかかりません。

なので、キャンペーン期間中はマンスリメンバー・フリーで、キャンペーン終了後は自分にあったコースに変更すると良いですよ。

 

ホットヨガスタジオLAVAの退会方法について

LAVAには、そもそも退会という制度がありません。
退会ではなくマンスリー会員の解約になります。

ですので、解約後も会員として登録されたままになります。

マンスリー会員のの解約をする場合も前月15日までに手続きをすると当月末で解約となります。
16日を過ぎると、翌月末の解約となりますので注意して下さい。

✔︎マンスリー会員をの解約をした後も、当日券(1回券)を利用すればLAVAのホットヨガのレッスンを受講できますので、会員証は残しておいて下さいね。

✔︎マンスリー会員解約後は、月々の料金などは一切かかりませんのでご安心を!

✔︎再度、マンスリー会員に登録をする場合は、登録料5,000円が必要です。

 

LAVA公式サイトへ

 

ホットヨガスタジオLAVAにキャンペーンを利用して入会した際の解約について

キャンペーンを利用してLAVA会員になった場合は、コースの解約ができる時期を必ず確認しておきましょう。
解約する時期により違約金が発生します。
違約金と言っても、割引を受けた料金の差額を支払うことで解約ができます。

私が、入会した際は8ヶ月在籍する縛りがありました。
キャンペーン内容や時期によっても縛り期間が違うので、体験レッスン時に必ず確認してから入会して下さいね。
※お得になった入会金や登録料は解約時に支払う必要はありません。

女性専用のホットヨガスタジオLAVAを詳しく見てみる

 

LAVAを退会した人の理由や口コミ

 

口コミを見ていて、辞めた理由で一番多かったのが、会費が高いというものでした。
確かに…高いですよね。
でも、しっかり通うことができればその価値はあると思うんです。

あとは、妊娠により続けられなくなった、忙しくて通えなくなったなど…

人間関係なんて理由もありましたが、私自身他の方とお話しすることはほぼないです。
店舗によるのかなぁと思いました。

LAVA体験レッスン申し込みへ

 

まとめ

 

LAVAのホットヨガ教室の体験に行く場合は、クーリングオフができないことを踏まえて入会は慎重にして下さいね。

もしクーリングオフできなくても解約したい場合は違約金を支払うことで解約できます。
キャンペーンを利用して入会した場合も、割引を受けた分を支払うことで途中解約できます。

 

まずは気軽に!
体験レッスンを楽しんでみて下さいね。

「LAVAでホットヨガを始めてみたいな」
と思われた方は、体験レッスンに行ってみて下さいね♡

LAVAのお得な手ぶら体験レッスンは今すぐこちらから申し込みできます!

➡︎LAVA体験レッスン申し込みへ



ブログランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると励みになります♬
宜しくお願いします。◟(ˊ꒵ˋ∗)◜∗.♪

にほんブログ村 健康ブログ ホットヨガへ
にほんブログ村


ヨガ・ピラティスランキング

最新情報をチェックしよう!
>綺麗な身体作り「LAVA」

綺麗な身体作り「LAVA」

確実に痩せるためのホットヨガ ダイエット

CTR IMG